PXL_20210706_070401783_edited_edited.jpg

棚下照明の配線がお困りのあなたへ シンプル棚下照明3シリーズのご提案

OKUPIKAは小売店の方が簡単に扱えるように弊社が開発した新しい棚下照明です。
特許:米・中国含む4件、特許出願中4件、実用新案2件、商標登録2件

 シリーズ1:OKUPIKA

​置くだけで点灯。増設も簡単です。

 シリーズ2 : LaLaLight

360°回転する照明です。トップライトとしても使用できます。

 シリーズ3 : OKUPANE

置くだけで棚板全体が光ります。

 OKUPIKAの取り付け方法

 OKUPIKAシリーズの特徴

image.jpg
1551407683.png

 “光色・照明・演出”へのこだわり

こだわり1:忠実な色の再現 - 演色性「Ra>90」のLED採用

洋服店などでこまるのが、本来の色が分からないことです。「OKUPIKA」は、単に明るくするのではなく、商品本来の色を忠実に再現するため、美術館でも使用される高演色性LED:Ra>90を全てに採用しました。

(参考)

  蛍光灯:Ra > 90

  一般LED:Ra > 65~75

image2.JPG

こだわり2:立体感のある照明 - 照明が前後に移動、増設もできます

照らしたい位置に可動できる!!

​※木製棚にはLaLaLightが使えます

image3_edited.jpg

電球色と昼光色を使い

​展示物の立体感を演出!!

image3_edited.jpg

こだわり3:低照度980Lx - 明るすぎない照明、ヒーリング空間棚照明として

​照度は一般的に『高い方が良い』と言われます。では本当にそうでしょうか?

当社が考える照度とは、店内や部屋の明るさ、そして棚と照明の距離に対しての照度だと考え、

あえて低照度タイプを作りました。

≪ LaLaLightを最上段の棚照明として使用した場合 ≫
 

 200mm真下:1500Lx相当

 300mm真下:980Lx相当

 の照度を得られます。

image4.JPG

 OKUPIKAの仕組み

今までのコードレス棚下照明の感が方であれば、乾電池式や電磁波式が一般的ですが、乾電池式は維持費が高く、電磁波式は人体に悪影響を及ぼす危険があります。

そこで今までの考え方をやめた、両棚柱に電気を通す全く新しいコードレス方式シンプルコードレス(連結・電源挿入ユニット方式)​というのがこのシリーズの仕組みになっています。

image5.JPG

 OKUPIKAの安全性

感電について

私たちは、乾電池の指でつまんでも感電しませんね。

Okupikaシリーズもこれと同じように感電することはありません。

(社)日本電気協会では、人が接触する状況に応じて許容しうる接触電圧を定めています。OKUPIKAシリーズではそれ以下の電圧を採用しているので棚金具に直接触れても感電の心配はありません。

image6.JPG

ペースメーカーへの影響について

ぺースメーカーはチタンケースで覆われ、静電気1万ボルト(直流)でも壊れません。もともとペースメーカーは強い電波(パルス)を出す機器が影響を及ぼす事がありますが、それでも壊れる事はなく、また患者が亡くなる様な事故もないそうです。Okupikaは、直流で電圧・電流も低く影響を及ぼす事がありません。

壁や床への漏電について

Okupikaシリーズを設置する際には、棚柱絶縁パーツを付けることで漏電対策を行っています。

ダブル.JPG

電源ユニット容量(W)以上に「OKUPIKA」を設置した場合

その棚のみ安全回路が働き照明が点滅して知らせます。

その場合、置くピカ☆を減らしてください。

また誤って金属棚(使用不可)を置いた場合も排除すれば復帰します。

注  意
※1.電源挿入ユニット(左右棚を含む)のスイッチを必ず切って作業にあたってください。

※2.棚柱絶縁パーツは、必ず全てのネジ穴に取付けて下さい。

※3.棚荷重は、棚金具メーカー安全荷重の6割を越えない様にしてください。

 施工例

弊社ではお客様のご要望に合わせ、プランのご提案、図面作成、お見積もりなどお手伝い致します。お気軽にお問合せください。
IMG_3471.jpg

施工前

IMG_3619.jpg

点灯前

95350.jpg

​点灯前

IMG_3474.jpg

​点灯後(okupika)

IMG_3618.jpg

点灯後(okupika+lalalight)

95351.jpg

点灯後(okupika)