PXL_20210706_070401783_edited_edited.jpg

棚下照明の配線がお困りのあなたへシンプル棚下照明3シリーズのご提案

OKUPIKAは小売店の方が簡単に扱えるように弊社が開発した新しい棚下照明です。
特許:米・中国含む4件、特許出願中4件、実用新案2件、商標登録2件

​Okupika

​置くだけで点灯。増設も簡単です。

Lalalight

360°回転する照明です。トップライトとしても使用できます。

​Okupane

置くだけで棚板全体が光ります。

取り付けは簡単です

​光色・照明・演出へのこだわり

1.JPG
2.JPG
3.JPG
4.JPG
5.JPG
6.JPG
7.JPG
8.JPG
9.JPG

施工実績

お客様のご要望に合わせた実績紹介です。弊社ではプランのご提案、図面作成、お見積もりなどお手伝い致します。お気軽にお問合せください。
IMG_3471.jpg

施工前

IMG_3619.jpg

点灯前

95350.jpg

​点灯前

IMG_3474.jpg

​点灯後(okupika)

IMG_3618.jpg

点灯後(okupika+lalalight)

95351.jpg

点灯後(okupika)

よくある質問

Okupikaシリーズは電池点灯ですか?


通常の100VをACアタプターにて電圧・電流を落として使います。電池点灯は維持費が高いため、使っておりません。




電気を送る配線はどこににありますか?


棚柱を配線に利用しています。




必要な簡単工事とはどのようなものですか?


お店の棚柱と壁の間に棚柱絶縁パーツを取り付けるだけです。ドライバー1本あれば誰でも取り付けることができます。




どの壁でも付きますか?


元々、軽量鉄骨下地など、棚柱を取り付けられる強度があれば付けられます。また、壁が金属などの電導性があっても大丈夫です。壁に電気は漏れません。




触っても大丈夫なのでしょうか?


Okupikaに使用している電気は低電圧、低電流なので棚柱、棚受け金具に触っても大丈夫です。もし危険なら既にお店の漏電ブレーカーが作動しています。




電源ユニット容量(W)以上に「okupika」を設置したらどうなるの?


その棚のみ安全回路が働き 照明が点滅して知らせます。その場合、「okupika」を減らして下さい。また誤って金属棚(使用不可)を置いた場合も排除すれば復帰します。




電気はどの様に送るのですか?


電源挿入ユニットを棚柱に引っ掛け、専用アタプターをつなぎプラグを差すだけです。道具は一切使いません。連結棚でもこの電源ユニットがあれば簡単に電気を送れます。(電気工事資格不要)